ピンサロの遊び方や料金・プレイの流れを初心者向けに徹底解説

ピンサロ

「ピンサロ」ってよく聞くけど、行ったことがない人は「具体的にはどういうところなんだ?」という疑問を持つ人は意外と多いだろう。

風俗店だということはわかっているけど、実際にどんなサービスが受けられるのか、料金はどれぐらいかかるのか、わかっていないとなかなか足を踏み入れられないよな。

ってことで、今回は「ピンサロ」初心者向けに、特徴や料金、遊び方なんかを書いていくぞ。

ピンサロとは

ピンサロ

「ピンサロ」とは、ざっくりいうと「抜きアリ」の風俗店。仕切られた半個室の空間で、手コキやフェラをしてもらえるというサービス内容となっている。

正式には「ピンクサロン」というが、それを略して「ピンサロ」と呼ぶのが一般的。地域によっては別の名称があるが、「ピンサロ」「サロン」あたりがよく使われるぞ。

ピンサロの特徴

ピンサロは飲食店として営業している場合も

ファッションヘルスやデリヘルといった店は、店舗型風俗店として届出をして営業しているが、届出が新規で通りにくいことから、飲食店として営業していることもあるのが「ピンサロ」の特徴だ。

そういう意味ではおっぱいパブなんかと似ているが、おっぱいパブでは基本的に抜きは無し。おっぱいパブに行ってしまったがゆえにさらにムラムラして困ることもあるよな(笑)

その点、ピンサロはサクっと抜いてもらえるのがメリットで、価格もそれほど高くないから、風俗店初心者にはオススメだ。

半個室でサービスを受ける

「ピンサロ」では、ベンチシート(3人掛けぐらいのソファー)や、フラットシート(靴を脱いであがる平たいクッションシートの座敷)でプレイするのが特徴。

簡易的な仕切りしかないので、シャワーの設置はなし。おしぼりでアソコを拭いておしまいという感じだ。

ピンサロ

比較的安価でフェラや手コキが受けられる

さっきも書いたが、「ピンサロ」は抜きアリだが、抜きアリの他の風俗店と比べるとかなり安価でフェラや手コキしてもらえるのが良いところだ。

ソープだと60分で3万円程度はかかるが、ピンサロの場合は、30分で5~6000円が相場。もちろんソープは本番アリだから比べるのはおかしいかもしれないが、抜きアリで6000円程度ならかなり安いと言えるだろう。

さらに昼間のほうが若干値段が下がる設定の店舗もあるので、短時間で指名無しなら、かなりお安く済ませることができるぞ。

ピンサロの料金

上にも書いたが、ピンサロとその他の風俗店の相場を比較してみよう。

ソープ 60分 3万円~
ヘルス 60分 1.5万円~
ピンサロ 30分 5000円~

抜きアリという点では同じなのに、ここまで価格が違うのに驚く人も多いだろう。もちろん、サービス内容は違うけど、本番の為に数万円を捻出するのはなかなかつらいものがあるから、やっぱり気軽に利用できるという点で「ピンサロ」は優秀だろう。

ピンサロでできること

ピンサロ

ピンサロでOKなプレイ

もうすでに、手コキやフェラしてもらえるって書いてはいるが、ピンサロでは本番以外の行為がほぼOK。

キス、ディープキス、おっぱいおさわり、乳首舐め、パイズリも手コキも生フェラもOKで、口内射精ぐらいまでは基本のプレイとしている店舗が多いぞ。

ただ、店舗内は男性スタッフが巡回していて、あまりにも激しいお触りは注意をうけることもあるぞ。女の子は次々に客の相手をするから、疲れさせないためってこともある

ピンサロでNGなプレイ

「ピンサロ」では本番はNGだけど、それ以外にNGなのは、イラマチオ、アナル舐めのようなハードなプレイはNG。

中には素股OKのサロンもあるようだが、素股は上記のハードプレイにふくまれるから基本はNGだと理解しておこう。

あとは、女性がキツイプレイはNGだと思っておいた方がいいな。顔射とかごっくんがそれに該当するぞ。

さっきも書いたように女の子に負担がかかりすぎるのはNG。大抵はうまいことかわしてくれるけど、新人にあたっちゃうと、されるがままになっちゃう子もいるから、やっぱり注意をうけることになるぞ(笑)

ピンサロの遊び方

ピンサロ

それじゃあ具体的に「ピンサロ」の遊び方について解説していこう。

お店の選び方

有名ピンサロ街から選ぶ

やっぱり大事になってくるのは店選び。これを間違えると5000円ですら無駄にした気分になってしまうぞ。

まず、東京なら五反田、池袋あたり、神奈川県なら川崎など、有名なピンサロ街で選ぶのがいいだろう。

地域によって有名な場所やお店の特徴が異なるが、かならずたくさん店舗がある街があるはずなので、まずはピンサロならココという場所から探してみよう。

価格帯で選ぶ

ピンサロの相場は30分5~6000円が相場だ。それを目安にするといいだろう。

中には激安店が存在して、1000円~3000円なんて破格の値段で営業している店舗もあるが、さすがにピンサロ嬢の質は落ちるから、はじめから冒険するのはやめておいた方がいい。数千円ケチってがっかりするより5~6000円程度の店を探そう。

個室のタイプで選ぶ

これもさっき書いたが、個室がベンチシートの店や、フラットシートの店と様々なので、自分の好きな個室のタイプで選ぶのもいいだろう。

ソファーに座ったままサービスを受けるのもなんかいけないことをしている感があっていいし、フラットシートで横になれる場合はクンニしたりしやすいのが良いところだ。このへんは好みがわかれるな。

プレイのタイプで選ぶ

「ピンサロ」には「マンツーマン」「花びら回転」「3P」などいろんなプレイのコースが用意されている店舗があるからプレイのタイプ別に選ぶのも一つの方法だ。

「マンツーマン」はそのまんま、1対1でサービスを受けることだけど、「花びら回転」は女の子が10分~15分で入れ替わりでプレイしてくれることで、一度に何人もの女の子と楽しむことができるが、その代わりに一人あたりの時間が短くなるのがデメリット。

ただ、花びら回転方式で気に入った子が見つかれば、次回は指名することができるのはいい点だ。

入店からプレイの流れ

ピンサロ

次に実際にピンサロを利用する際の流れについてまとめておこう。

ピンサロへ行く際の準備

ピンサロにはシャワーがないから、シャワーは事前に家で浴びてから出かけよう。もちろん、歯磨きや爪切りなども忘れずに。

移動の間に店舗のHPを見るなどして、割引情報をチェックしておくと、少しお得に利用できるぞ。

ピンサロへ行くときの服装や持ち物

これは男性は特別気にする必要はないが、プレイ時間が短いから、脱ぎ着に時間がかかるよりは、サッと下半身を出せるようなボトムスを選んだほうがいいというぐらい。

サービスには生フェラが含まれるから、性病が気になるという人はコンドームを持参するといいが、それ以外に特に女の子へプレゼントを用意したり、チップを用意しておく必要はないぞ。

直接店舗へ行って受付をする

ピンサロは予約なしでも利用できるので、店舗へ着いたらで「フリー」か「指名」かを選ぼう。出勤表やパネルをみて、好みの子を選ぶことができるが、フリーで受付すると生理中の女の子をあてがわれることがあるから、手マンやクンニをしたい場合は、自分で確認して指名を入れたほうがいいだろう。

コース、時間を選ぶ

さっき書いたように、マンツーマンや花びら回転など複数のコースがある店舗の場合は希望を伝えて受付してもらおう。

初めての人は、マンツーマンでシングル30分、花びら回転2回転か3回転で30分~45分ぐらいがいいだろう。

この時に、事前に調べておいたクーポンや割引が受けられることがあるから、受付で確認しよう。支払は基本的に現金の店舗が多くてカードは使えない場合が多いぞ。

待合室で待機、個室へ案内される

受付が終わったら、女の子の準備が整うまで待合室に通されるから、そこでも爪のチェックなどをしながら待機しよう。待ち時間がないときは受付からそのまま席へ案内されるぞ。

先に席についたら、奥へ詰めて座って嬢を待つのがマナー。その後嬢が入ってきて入口側に座る仕組みだ。

雑談~キスなど

嬢がきてもいきなりプレイ!っていうわけではなくて、キャバクラで嬢と話すような雑談からスタートするぞ。他愛もない話だけど、緊張がほぐれるから、適度に会話を楽しもう。

そのあとはキスからスタートしていくっていう感じだな。別に会話で時間稼ぎをされるってことはないから、そんなに焦る必要はなくて、5分ぐらいですぐに服を脱いでプレイとなるだろう。

おしぼりで身体を拭いて手コキ、フェラ

ピンサロ

服を脱いだ後は、おしぼりでペニスを綺麗にしてもらって、そのまま手コキやフェラをしてもらえるぞ。

ピンサロでは、手コキやフェラがメインのプレイではあるが、手マンやパイズリ、69なんかも基本メニューに含まれるから、このタイミングでリクエストしてみよう。

フラワータイムから終了

プレイの終了5分前からが「フラワータイム」と呼ばれていて、実際にコールが入るから、その時間を目安にフィニッシュしよう。タイミングを間違えてイケなかったということがないように注意は必要だな。

ピンサロではフェラで口内射精もOKだけど、急にイってしまうと、嬢が驚いてごっくんしてしまうかもしれないし、ごっくんはNG行為になるから、フェラのまま出すときはちゃんと「イク」のを伝えてから射精するのがマナーだぞ。

名刺をもらって見送りを受ける

射精したあとは、おしぼりをもらって身体をふいたら、服を着よう。その間に嬢は名刺をとりにいっているのでしばらく待機しよう。

嬢が戻ってきたら名刺を受け取って、そのまま出口まで見送ってもらって終了だ。

はじめてのピンサロまとめ

ピンサロ

今回は「ピンサロ」がどんなところなのか、料金やサービスの流れなんかについて書いてみたぞ。

【はじめてのピンサロの注意点】

・相場は30分5~6000円、激安店には注意

・キス、手コキ、生フェラ、指入れなどいろんなプレイが可能だが本番はNG

・性病のリスクはあるから帰宅後は入念にシャワーやうがいを徹底しよう

・店舗ごとのルールの違いはあるが、NGプレイの強要などは絶対にしない

どんなサービスを受けるにしても、お店ごとにルールがあるから、事前に調べておくか、当日受付でしっかりと確認することが大事だ。

本番NG以外はかなり自由度が高くて、さらに料金面でも気軽なのが「ピンサロ」の良いところだから風俗店初心者にはかなりオススメ。

ピンサロからスタートして、ヘルスやデリヘル、ソープへとステップアップしていくのもいいだろう。

リアルに素人女と出会えるのはこの3サイトだけだ。

10代娘から人妻・熟女まで、素人女が数多く登録しているのが、この3サイトだ。実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから俺も毎日チェックしてるぞ。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知しており、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているから、セックス目的の女の流入がとても活発だ。

真に出会えるサイトとして20年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトと言っていい。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみよう。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているから、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めるぞ。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べるので気軽に試してみよう。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワク

1日に1600人以上の新規会員が登録している2001年創業の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがある。

積極的に様々な広告メディアへ進出しているからエロい女と出会える確率がとても高いんだ。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があるので、熟女や人妻ともLINE交換しやすい。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試せる。

ワクワクメール公式


ラブアン ★★★★★

ラブアン

「ラブアン」は、割り切った関係を希望する女の子が集まるサイトだから、面倒なやり取りは一切不要だ。

ラブアンの女の子

はじめから大人の関係が探せるのが最大のメリット!なんといっても話が早いのが特徴だ。

特に10代から20代の女性に人気のサイトだから、若い娘と即アポ→大人の関係が確実に見つかる。

手っ取り早くセフレを探したいなら絶対におすすめだぞ。

ラブアン公式


ここで紹介したサイトは、どれも俺がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトだ。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄に金を消費するだけだ!サイト選びは絶対に間違えないで欲しい。