ハプニングバーってどんなところ?初心者でも楽しめる?遊び方を徹底解説

ハプニングバー

みんなは「ハプニングバー」を知っているだろうか。なんとなく聞いたことはあるが、具体的には勝手なイメージしかないって人が多いかもしれないな。

今回は「ハプニングバー」ってどんなところなのか、実際に利用するにはどうすればいいかっていう、初心者向けの解説をしてみよう。

ハプニングバーってどんなところ?

ハプニングバー

まずは、「ハプニングバー」がどんなところなのかを確認しておこう。「ハプニングバー」は実に非現実的で不思議な世界が広がる独特の場所だ。

おそらく、大半の人は、店内でエッチ(なこと)ができるって思っているだろう。あながち間違いではないが、「ハプニングバー」自体は風俗店ではないから、飲食店の雰囲気を演出しながらプレイする風俗店みたいな感覚でとらえるのは間違っているぞ。

あくまでも「バー」だから、基本的には飲食店ということになる。ただ、いろんな趣味・思考の人たちが集まって飲食をする場だから、流れによってはいろんなハプニングが起こるかも!?っていうことをまず理解しておこう。

だからといって、特別な性的嗜好を持った人しか利用できないというわけじゃないぞ。いろんな人がいるっていうのは、いわゆるノーマルの人もいていいってことだ。あまり構えすぎなくてもいいだろう。

ハプニングバーの利用方法

ハプニングバー

それじゃあ次は、「ハプニングバー」の具体的な入店方法について解説していこう。

基本的な入店方法・時間帯

「ハプニングバー」は午後から営業されているところが多くて、「昼の部」「夜の部」とわけて二部構成になっているお店もある。

二部構成になっていない店舗ももちろんあるが、基本的に午後1時くらいから、翌朝まで営業されているという感じ。

もしかしたら主婦層なんかは昼の部の時間帯に利用しているかもしれないが、やっぱり賑わうのは夜~深夜の時間帯だろう。

「ハプニングバー」に入店するには、初回は入会金が必要になる。男性は5000円~10000円程度必要で、それプラス入店料がかかる。この辺は店舗によってかなり差があるので、事前にチェックしておいた方がいいだろう。

女性は一人でも入会金1000円程度、入店料も数千円で、ドリンクも飲み放題だ。羨ましいと感じる男性もいるかもしれないが、単独女性が多いに越したことはないからゆえのサービス価格だろうな。

男性ももちろん単独で入店する事もできるが、男性の単独入店は一番お金がかかる。出来れば女性と同伴で入店するのがオススメ。1人当たりの料金が男性単独の時の6~7割になるぞ。

ハプニングバーに入ってみよう

それじゃぁ、実際に「ハプニングバー」を利用するときの流れを説明しておこう。まず、入店時には「氏名」「住所」「年齢」などを登録用紙に記載しよう。その際は顔写真付きの身分証明書も必要になるから、事前に用意しておくのを忘れずに。

登録が終わると、スタッフから利用方法についての説明があるから、初心者もあまり心配しなくていいぞ。その代わりに、きちんとお店のルールを聞いて、約束を守ろう。

そのあとは、ロッカーに手荷物を預けて身軽になってフロアに入ろう。携帯電話やスマートフォンの持ち込みは厳禁だから、必ずロッカーにしまうこと。これだけは絶対だ。

あとは、やっぱり身軽な方がいいから、上着もロッカーに預けてしまったほうがいいだろうな。店内は薄着の人が多いから基本的に室温も高めの設定となっていることをおぼえておこう。

ハプニングバーでの振舞い方

ハプニングバー

単独入店の男性は立場が弱い

「ハプニングバー」では、料金設定でもわかる通り、圧倒的に単独女性とカップル客のほうが立場が強い。

単独の男性会員は、カウンター席に通されて、ボックスシートにいるカップルや女性客とは、たまたま隣り合わせたから話せた~なんてこともほとんどないだろう。

しかも、単独の男性が自分から他の客に声をかけたり、はじめに案内された席から移動することもよろしくない。

じゃぁどうやって人と交流するかというと、基本的にお店のスタッフを経由するか、もしくはカップルや女性から声をかけてもらうのを待つしかない。

そうなってくると、カウンター席は単独入店の男性ばかりが集まってしまい、まったく誰とも話せないまま退店…ということにもなりかねないな。

男性単独で楽しめるのは常連だけ

単独で入店しても、ハプニングバーを楽しめるのは、スタッフや他の常連客と親しくなっている常連客だけだ。

スタッフや常連客に顔をおぼえてもらえるようになるまで、ひたすら通って、その間はほとんど一人で酒を飲むだけ…。そんなの耐えられるわけがないよな(汗)

きっとほとんどの単独入店男性は、常連になる前に心が折れるか、金が尽きるか。ってところだろう。

じゃぁ、どうすればいいか。それは、できるだけカップル入店するってことだ。

カップル入店してハプニングバーをもっと楽しむ

「ハプニングバー」でひとりぼっちにならない方法、ズバリそれはカップル入店。入店料も1人の時より安くなるから、お互いに自分の料金を出すなら断然お得。

仮に同伴者の料金を支払って、一人の時よりお金がかかった!なんて思うかもしれないが、ボックスシートに案内されれるだけで、他の客との接点ができるのはかなり大きい。

しかも、単独入店の時は、他の客から、単に性的な目的でやってきた初心者だってバレバレ。警戒される対象でしかないが、カップル入店するだけで、常連たちから、同じようにハプニングバーを楽しむ仲間として見られるっていうのがポイントだ!

同伴者を探すには出会い系が一番!

「ハプニングバー」にはカップル入店が重要なのはわかったけれど…、じゃぁどうやって同伴者を探すのかっていうのが難しいと思う人は多いだろう。

そこで有効なのが、「出会い系サイト・アプリ」の利用だろうな。掲示板なんかを利用して相手探しができるから、目的がはっきりしている方が有利ってわけだ。

しかも、「ハプニングバー」の客は、同伴者がどんな容姿をしていても特に気にしない。美人を連れていないと見下されるなんてことは一切ないから、とにかく目的重視で相手をみつければいいだけ。

相手の年齢が自分より上だったとしても特に問題はなし。ってことで、出会い系サイトで刺激を求めている熟女あたりをサクっと見つけることが「ハプニングバー」で素早く勝ち組になる方法だ。

ハプニングバー初級者編まとめ

ハプニングバー

今回は、はじめて「ハプニングバー」を利用するにあたっての、心得や基本的な情報を解説してみたぞ。

なかなかハードルが高い世界のように感じていた人も、きちんと知識を持てば、勇気をもって踏み込めるだろう。是非みんなにも、非日常的な空間を楽しめるハプニングバーのディープな世界観を体感してもらいたい。

リアルに素人女と出会えるのはこの3サイトだけだ。

10代娘から人妻・熟女まで、素人女が数多く登録しているのが、この3サイトだ。実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから俺も毎日チェックしてるぞ。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知しており、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているから、セックス目的の女の流入がとても活発だ。

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトと言っていい。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみよう。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているから、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めるぞ。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べるので気軽に試してみよう。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワク

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがある。

積極的に様々な広告メディアへ進出しているからエロい女と出会える確率がとても高いんだ。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があるので、熟女や人妻ともLINE交換しやすい。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試せる。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女が毎日大量に登録している。ユーザーサポートも親切丁寧で圧倒的に信頼度が高い。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女とLINE交換できる事もめずらしくない。

ここも無料ポイントが1200円分もらえる。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも俺がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトだ。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄に金を消費するだけだ!サイト選びは絶対に間違えないで欲しい。