チンコの大きさに悩んでセックスを躊躇するな!

チンコの大きさ

最近よく受ける相談で「自分のチンコに自信がなくて」…と悩み、セックスすることそのものに躊躇する人が多いと気が付いた。

せっかくエッチを求めている女性たちが出会い系サイトにいて、ちゃんと正しい手順を踏めばエッチができるし、セフレにもなってくれるのに、男性自身…つまり「チンコが小さい」ということだけで第一歩、いや俺的には第ゼロ歩ぐらいのイメージだが、そこを踏み出せないのはもったいない!

今回は出会い系の攻略という本筋からは外れるかもしれないが、いろんな女性とセックスを楽しみ、気持ちよくさせてセフレにする、そのためには自分のチンコとどう向き合えばいいのか説明していこう。

チンコの大きさはぶっちゃけ関係ない!

チンコが小さくて悩み、セフレ作りに躊躇してる男性諸君! 悩む必要はまったくないぞ!

俺は平均よりちょっと小さいぐらいだと自分では判断しているが、悩んだことなんかない。

エロマンガやAVとかの影響で「女性はデカチンが大好き」みたいな先入観を持っているかもしれないが、はっきり言って幻想だ!

むしろデカ過ぎると痛くて痛くてセックスどころじゃない。あまりにデカいと嫌われるぞ。やたらとデカいと、4分の3とか半分ぐらいしか挿入できずピストンだって不完全燃焼になる。

むしろ普通サイズか小さいぐらいのほうが最後まで、つまり根元までギュギュッと差し込むことができ、女性にとっては

まず自分が「満たされた…」という感覚になり

そして「自分の膣でチンコを全部包んであげた」という感覚も得られるってもんだ。

こうなると膣の奥の性感帯がググッと近寄ってきて、ひと突きひと突きで得られる快感が倍増、いや5倍ぐらいになる、という話を俺はセフレから聞いたことがある。

それに根元まで差しこむと肌と肌がぶつかり、いわゆる「パンパン」という音が出る。あのリズミカルな音を聞いていることでも快感が増すわけだ。

女性はどんなチンコが好きなのか

チンコの硬さ

大きさは関係なく、むしろ小さいほうがいいぐらいとわかったところで、じゃあ女性はどんなチンコがいいのかって話だが。

求める最大の条件は……「硬さ」。

どんなにデカくてもふにゃっとしてたら、ガッカリするんだ。幸い日本人は体質的に硬いチンコの人が多いから、基本的には大丈夫なんだが、ピストンの途中で元気がなくなるとフニャッとなる人も多い。硬さが保たれていることはとても大事なので「硬度+スタミナ」この組み合わせが重要になってくる。

例えば、いままで彼女や出会い系で会った女性がエッチ後に不満な感じだったのは「俺のが小さかったからかな…」と思っている人がいるかもしれないが、大きさではなくこの「硬度+スタミナ」がイマイチだった可能性があるかもしれないぞ。

個人差はあるし、年齢差もあるかもしれないが、そのまま何もしないより、努力をしてちょっとでも女性を喜ばせる、そしてセフレになってくれるチンコ作りに励んでみよう。誰にでもできることだ。

女性が好きな硬いチンコを手に入れよう

硬いチンコ

要は硬度とスタミナを強化すればいい。硬度はチンコへの血流量。スタミナは正直チンコだけの問題じゃなく体全体の問題として、いわゆる心肺機能の強さ。この2つを高めていく努力が必要だ。

まず硬度。これは次に話すスタミナと同じになるが、単純に不摂生、不健康だと血流が滞る。あと寝ている間のいびきもよくないな。

いわゆる無呼吸の状態だと手足の先、そしてチンコと人体の末端への血流量が落ちて組織が弱る(こうやって改めて書くと怖いが、本当に怖いぞ!)。

無呼吸症の影響で「インポになる」ってちゃんと医学的な本やサイトに書いてある。

だからまず…

■ちょっとでも歩くなどして運動量を稼ぐ/シャワーじゃなく風呂に入る/飲み過ぎ食べ過ぎを避ける

というごくごく当たり前の健康習慣を身に付けることが大事。そしていびきはいろいろ対策があるが、

■鼻の穴を拡張するテープ/鼻の穴に差し気道を確保するチューブ

そういう比較的楽な方法で防げる。俺は実は超イビキングで、サウナで雑魚寝してると店の人に「うるさいんで…」と起こされるぐらいのレベルだったんだが、いまはチューブでなんとかなっている。チンコ、そして自分自身の健康のためにも対策することをお勧めするぞ。

硬度で言えばチンコの感度、ギンギン具合、簡単に言えば精力をつかさどるミネラルを食生活などで取ることも大事。じゃぁそれは何だろう。

■亜鉛を積極的に取ろう

亜鉛はセックスミネラルだ。亜鉛が足りなくなるとザーメンの量は減り、エロサイトを見てもギン!と来なくなり、硬いとか以前にエッチをしよう、という気分にならなくなる。

前立腺、性ホルモンとセックスに重要な組織、分泌液に亜鉛は不可欠なんだ。亜鉛は牡蠣に多く含まれている。季節によるがカキフライがメニューにあったら俺はとりあえず食べるな。あとは様々だがよく食べる食材ならレバー、大豆、そして玉子(卵黄)。このあたりだろう。

納豆のネバネバがザーメンを連想させるのか「精がつく」と言うが、本当は大豆に含まれている亜鉛が効いてるってことなんだよな。

食べ物だから好き嫌いはあるかもしれない。そんな時はサプリで亜鉛を摂取すればいいだろう。俺も実はそうしてる。ビタミンCなどのメジャーなサプリに比べるとちょっと割高だが、それでも最近は手に入りやすい価格になっているぞ。

あと、よく「精力増強!」みたいな、怪しげな高額サプリが売っていたりするが、買うならシンプルな亜鉛だけでいい! マムシの粉末とか、迷信レベルだからな。

もちろん最終手段でバイ○グラなんかを使ったりするのもアリだけどな。

セックス時のスタミナはセフレへの第一歩

セックス時のスタミナ

さて次はスタミナだ。これはもう完全にチンコに関係なく一般論になるが

■体を鍛える

これしかない。もちろん食生活も健康的にして欲しいところだが体を動かして鍛えることに勝る方法はない。まず心肺機能を高めること。

これはもうわかると思うが、ガンガン突いて、女性が絶頂に至ろうか…というときにゼエゼエと息切れ、ピストンストップなんてことになったらセフレになってくれるわけがないからな。

そしてついでに筋力も強くしておこう。実際のエッチの際に体全体にかかる負担、つまりスタミナのロスが少なくなるぞ。

女性は男性よりは基本小柄(たまには巨大なのも相手にするけど)とは言っても、数十キロは必ずあるわけで、それを持ち上げたり、ひっくり返したりするんだから筋力強化は重要だ。

セフレ作りの道はこの一歩から…と思って頑張ってほしい。強化したチンコで攻めてやれば、いままでのエッチに比べて絶対反応が違ってくるぞ。喘ぎ声は喘ぎから絶叫になるし、気落ち良くなって体がクターンとなるのも、死体かっ!てぐらい脱力するぞ。男冥利に尽きるってモンだよな。

自分のチンコに悩み、出会い系やセフレ作りに躊躇してるなら、チンコ強化をまず頑張ってみよう。そして自信を持って出会い系でセフレを見つけよう!

ただし、サクラだらけの悪徳サイトに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけだ。サイト選びは絶対に間違えないで欲しい。

リアルに素人女と出会えるのはこの3サイトだけだ。

10代娘から人妻・熟女まで、素人女が数多く登録しているのが、この3サイトだ。実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから俺も毎日チェックしてるぞ。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知しており、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているから、セックス目的の女の流入がとても活発だ。

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトと言っていい。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみよう。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているから、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めるぞ。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べるので気軽に試してみよう。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワク

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがある。

積極的に様々な広告メディアへ進出しているからエロい女と出会える確率がとても高いんだ。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があるので、熟女や人妻ともLINE交換しやすい。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試せる。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女が毎日大量に登録している。ユーザーサポートも親切丁寧で圧倒的に信頼度が高い。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女とLINE交換できる事もめずらしくない。

ここも無料ポイントが1200円分もらえる。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも俺がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトだ。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄に金を消費するだけだ!サイト選びは絶対に間違えないで欲しい。