バック(後背位)のやり方とコツを徹底解説!本気で感じさせるセックステクニック

バック(後背位)のやり方とコツ

セックスの基本体位のひとつに「バック(後背位)」がありますが、単にバック(後背位)といっても、実はいろんな種類ややり方が存在しています。

実はこの体位は、男女ともにとても気持ちいい体位なので、うまく使いこなせば男性も女性もかなり満足できる体位と言えます。

今回は、「バック(後背位)」の種類や方法、より気持ちいいバックを極める為のテクニックなどについて解説していきますね。

バック(後背位)とは?

まず、バック(後背位)とはどのような体位のことかを説明すると、一般的に四つん這いになった女性に後ろから男性が性器を挿入する体位のことを指しています。

動物が交尾をする姿勢としてよく知られていますが、実際に、野生的で刺激的な気持ちにさせてくれる体位ですね。

バック(後背位)のメリットは?

まず、バック(後背位)の魅力やメリットについて解説していきます。

バック(後背位)

バック(後背位)のメリット① 挿入の深さ

バック(後背位)は、正常位と比較すると、男性器が女性器に深く挿入できる体位です。そのため男女ともに強い刺激を味わうことができ、人気のある体位のひとつです。

特に膣の最奥の部分、ポルチオ性感帯が開発されている女性には、その深い挿入感がたまらなく気持ちいい体位です。逆に少し浅く挿入することでGスポットも狙えるというメリットもあります。

さらに、先ほど書いたように、動物的な姿勢をとるため、人間も本能的にセックスを楽しむことができる体位と言えるでしょう。

バック(後背位)のメリット② 疲れづらい

バック(後背位)には、立ちバックや寝バックなどいろんな種類があり、寝バックに関しては女性はうつぶせに横になっているだけでよく、疲れづらいというところも人気の秘密です。

さらに、あまり無理のない、挿入しやすい、されやすい姿勢で行うことができるので、男女ともに疲れずに長い時間繋がっていられるというメリットもありますね。

バック(後背位)のメリット③ 両手が自由に使える

バック(後背位)での挿入時、ほとんどの場合は男性は両手が自由に使えます。逆に女性は両手で自分を支えていなくてはいけないので、両手の自由を失うことが多いのも特徴です。

男性は両手で女性のバストやクリトリスなどを挿入と同時に刺激でき、さらに自由に動けなくなっている女性を見ることで視覚的な興奮を味わうことができます。

男性は征服感が味わえるのでS気質の人に、女性はされるがままという状態に興奮することができるので、M気質の人が好む体位とも言えますね。

バック(後背位)のデメリットは?

次に、バック(後背位)のデメリットについても考えていきましょう。

バック(後背位)のデメリット① 女性が痛みを感じる

バック(後背位)はかなり深い挿入ができる体位と書きましたが、それが原因で女性側が痛みを感じることがあります。

膣の深さや女性器の形は人それぞれで、性器自体のついている場所も異なります。そのため、膣が浅い女性にいきなり強く挿入すると、かなりの痛みを与えてしまうことになります。

また、よく上付き、下付きと言いますが、膣口がクリトリス寄りの人が上付き、逆にアナル寄りの人が下付きです。これで、上付きの人はバック(後背位)での挿入がしずらいとわかりますよね。

動物的で野性的な体位が魅力のバック(後背位)ですが、やはりパートナーの負担を考え、膣の位置、深さなどをきちんと見極めることが大事です。

膣が浅い人には、浅めの挿入でGスポットを責めるなど、バック(後背位)の楽しみ方は深い挿入だけでは無いことも理解しておきましょう。

バック(後背位)のデメリット② 女性に負担がかかる

バック(後背位)は比較的疲れにくいことがメリットと書きましたが、女性が両手をついておこなう、いわゆるワンワンスタイルのバックの場合は、女性の腕が疲れます。

うつぶせで行う寝バックも、場合によっては女性が押しつぶされてしまうので、苦しいこともあるでしょう。

こういう場合は、女性は腕を使わず、上半身をベッドに下ろしたり、寝バックで少し横向きになるなどしつつ、うまく負担を軽減してあげましょう。

バック(後背位)のデメリット③ 身長差があると難しい

バック(後背位)は、四つん這いの姿勢が基本なので、身長差がある=手足の長さが違うことで、挿入が難しくなることがあります。

一般的に男性の方が手足が長いことが多いと思いますので、足を広めに開いて腰の位置を下げて女性に合わせてあげるのが良いでしょう。

立ちバックの場合は、特に高さの調節がしずらいので、小柄な女性とは難しいことが多いと思います。あまり無理をすると快感は得られないので、相手のことを思いやる気持ちが大切ですね。

バック(後背位)での挿入のやり方

それでは実際にバック(後背位)を行う際の挿入方法などについて解説をしていきましょう。

バック(後背位)

挿入の角度や微妙な体位を工夫する

どのような体位でもそうですが、挿入の角度や身体の使い方で、挿入感が変わり、様々な快感を得ることができます。

通常のバック(後背位)スタイルの場合でも、ベッドの上で行うだけでなく、ベッドから降り、女性の上半身だけをベッドに残すなどすると、負担が軽減する場合があります。

立ちバックの場合でも、男女ともに完全に立っている状態と、女性が机や浴槽のへりに手を突くなどで挿入感は変わってきます。身長差なども考えながら、いろんな挿入を楽しみましょう。

動き始めるときの方法

実際に動き始めるときも、いきなり深く突いてしまうと、やはり女性の負担が大きく痛みを感じてしまうかもしれません。

まずは、女性の膣位置や深さなどを確認するように、ゆっくりと挿入し、ゆっくり前後に動き始めましょう。

バック(後背位)に持ち込む前に、前戯や正常位など、ほかの体位でたくさん濡らしておくのも重要なポイントです。

ピストン運動のやり方

上記のように、ゆっくり挿入した後は、まずはゆっくりと前後に動き始めます。その後、お互いに挿入感になれてきたら、女性の反応を見ながらピストン運動を早めていきます。

膣の最奥のポルチオ性感帯が開発されている女性は、ペニスが当たるとかなりの快感をおぼえます。そのため、最初はそっと膣の最奥をつつくようにピストン運動を行います。

女性が痛がらず、快感を得ているようであれば、少し強めにピストン運動を行っていきますが、苦しそうな様子であれば、最奥より少し手前の位置で、ピストンを早めるといいでしょう。

最奥だけが快感のポイントではなく、手前を突くことでGスポットへ刺激を与えることができ、充分に女性を感じさせることが可能です。

おぼえておきたいバック(後背位)のテクニック

ひとくちにバック(後背位)と言っても、挿入の方法はかなりたくさん存在します。いくつかを紹介しますので、参考にしてみてください。

バック(後背位)

通常のバック(後背位)と変化の付け方

一般的なバック(後背位)は、女性が手やひじをつき、四つん這いの形で、男性が後ろから挿入します。

先ほども書きましたが、女性の上半身の負担が少し大きいので、つらい場合は、女性は頭や肩で身体を支える形にしてもいいでしょう。

男性は、後ろからたたきつけるようにピストンするのではなく、女性のお尻を支えて、自分の方へ引き寄せるようにすると、女性の負担が軽減されます。

また、女性が頭や肩で身体を支えると、腰をそらせてお尻を大きく突き出すようなスタイルになり、男性は視覚的にも非常に興奮することができるでしょう。

女性が興奮して、かなりエッチな気分になっているときは、そのまま両手でお尻を広げるようにしてもらえば、より結合部がはっきり確認でき、男性の征服感も満たされます。

バック(後背位)

立ちバックと変化の付け方

立ちバックの場合は、まず身長差が大きいと難しいのでより工夫が必要になるかもしれません。

女性が机や壁などに手を突き、やや前かがみでお尻を突き出すスタイルが一般的ですが、男性は足を開くなどして、高さを調整する必要があります。

女性が小柄な場合は、男性は床に立ち、女性をベッドに上げることで、高さを合わせることができます。

男性がずっと膝を落としているのがつらい場合は、女性を後ろから抱え上げることで高さを得ることもできますが、女性が不安定になりがちなので、無理はしないようにしましょう。

バック(後背位)

寝バックと変化の付け方

寝バックは、女性が完全にうつぶせの状態で挿入する方法ですが、男性が完全に女性に乗り上げてしまうので、体重で押しつぶさないように注意が必要です。

そのため、時折男性が女性の上半身を抱き起すような変化の付け方をしてみるのもよいでしょう。

その際に、女性の背中や首筋にキスしたり、舌でなぞるなどの愛撫を付け加えるとより興奮することができます。時折女性を振り返らせてキスするというのも愛情表現になってオススメです。

バック(後背位)をより楽しむ方法

バック(後背位)

バック(後背位)は膣の奥まで男性器を挿入でき、男女ともに強い快感を得られる体位ですが、さらに効果的に快感を得る方法を考えてみましょう。

まず、バック(後背位)でのピストン運動は、前後だけになりがちですが、時に左右の動きをいれてみるなどすると、また違った刺激を与えることができ、膣全体を刺激することができます。

また、ピストン運動をつづけながらも、両手でバストやクリトリスへの刺激が可能なので、より女性を楽しませることが可能な体位です。挿入中も積極的にいろんな場所を愛撫しましょう。

また、寝バック時などに、女性の足をぎゅっと閉じた状態で挿入すると、膣が締まりやすく、男性も女性も強い快感が得られます。女性もイキやすい体位なのでオススメです。

上半身起こしバックに挑戦してみる

ここまでで、バック(後背位)はポルチオ性感帯が開発されていて、どちらかというと深めの挿入が可能な女性向きだと説明してきましたが、上半身起こしバックは膣が浅めの女性にも有効で、女性をイカせやすい体位です。

上半身起こしバックは、立膝で男性が女性を後ろから抱きしめるような体位で挿入します。女性の足をぴったりと閉じ、挿入は真上ではなく斜め上に突き上げる感じです。

この体位を使うと、Gスポットへの刺激ができ、さらに両手で乳首やクリトリスを刺激することが可能です。

後ろから完全に抱きしめているので、身体も密着し、女性も安心したり愛情を感じます。首筋や耳への愛撫などを加えればもうメロメロで、すぐにイッてしまう女性もいるでしょう。

バック(後背位)のやり方とコツまとめ

今回は、一般的な「バック(後背位)」について解説してみました。単純にバック(後背位)といっても様々な方法があることがわかりました。

まとめとしては、

■深い挿入が可能な体位ではあるが、膣の形状や膣内の開発度合いによって痛みを感じる場合があるので注意

■顔が見えない体位なので、相手の反応を確認することを忘れないように

■上半身起こしバックでGスポットを攻めれば、女性をイカせやすくなるが、男性の即イキにも注意

といったところでしょうか。

また、バック(後背位)での深い挿入のままフィニッシュすると、子宮口により近い場所での射精となります。

つまり妊娠しやすい体位ともいわれいているので、その点を理解した上で、しっかりと避妊をする、もしくは妊活に役立てることができますね。

余談ですが、私がいままでに出会い系で即会い、即エッチした後も、セフレの関係を続けられた女性のほとんどは、バック(後背位)で的確にイカせることに成功した女性ばかりです。

バック(後背位)

ただし、サクラだらけの悪徳サイトに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違えないでくださいね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!