オフパコの意味とは?相手を見つける方法や注意点を徹底解説!

聞いたことはあるけれど、オフパコって具体的にはどういう意味?なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

今日は気になる「オフパコ」について、その意味やメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

オフパコの意味とは

オフパコって?オフパコの意味

まずは、「オフパコ」という言葉の意味から解説してみましょう。簡単に言えば、インターネット上でSNSや掲示板などを通じて知り合った相手と実際に会ってセックスをすることです。

オフパコで出会った女

この場合の「オフ」というのは、実際(オフライン)で会う時のオフを指しています。以前からネット上ではセックスをすることを行為中の音から「パコる」などと表現していたことから、その二つを合わせて「オフパコ」と呼ばれるようになりました。

SNSやインターネット初心者の人には耳慣れない言葉かもしれませんが、それもそのはず、実際に口頭でやり取りされる言葉というよりは、ネット上での書き込みに利用されている言葉だと言えますね。

オフパコって実際にどこで行われている?

オンライン上で知り合った相手と現実世界で会ってセックスすることが「オフパコ」なので、実際は具体的にココというよりは、いろんなツールでオフパコ目的の出会いは行われています。

出会い系サイトやマッチングアプリでの出会いもそうですが、現在は無料で誰でも利用できるTwitterやInstagram、Facebook、オンラインゲームなども利用されています。

オフパコで使えるSNS

昔はインターネット上で知り合った相手が、初対面ですぐにセックスに至るということは考えられないことだったかもしれませんが、現在はオンラインでのやり取りがかなりすすんでいることから、初対面の相手とも抵抗なく身体の関係を持つ人が増えていて、「オフパコ」をしている人は意外と多いのです。

オフパコしやすいツールは?

次に、オフパコしやすいネット上のツールについて考えていきます。ただ、基本的にはインターネット上で自由にやり取りができれば、オフパコに繋がるツールと言えます。また、特にやり取りが第三者に公開されないツールはよく使われていると考えられます。

TwitterやInstagramなどは、基本的にオンラインで多くの人にやり取りがみられてしまうものではありますが、DM機能があるため、実際は個人的にやり取りをすることが可能です。

やり取りのきっかけは、個人間で趣味の共有などから始まることが多いので、発言や投稿などから好みの相手を探し、仲良くなれば1対1のやり取りに繋げていくという手法です。

オフパコしやすいツール

一般的にオフパコに繋がりやすいツールの順位や、その安全性などについては、一番は出会い系サイトやアプリが会いやすく安全面でも安心です。

Twitterは出会いやすいといわれていますが、プロフィールなどの正確性が保証されていないため危険度があがりますし、InstagramやTikTokは、直接の出会い目的で利用している人は少ないためオフパコのツールとしては使いづらいとも言えますね。

オフパコのやり方とそのメリット・デメリット

では、実際にオフパコにつながるSNSの利用方法について具体的に解説をしていきます。

どのツールでも、まずは自分と趣味嗜好が合いそうな相手を探し、まずはコメントなどから普通に話しかけて接触するというのが一般的な手法です。

その後、DM機能などを使って個人情報のやり取りをし、個別にやり取りをすることで待ち合わせへとつなげていくわけですが、まず、TwitterやInstagramを利用するメリットは「無料」で利用できるという点につきます。

ただ、TwitterやInstagramに関しては、よほどマニアックなジャンルや性的な投稿をしている人でない限り、直接の出会いを求めている相手はいないと考えられます。

そのため、個人的なやり取りに発展する確率は非常に低く、また、そこまでたどり着くには非常に労力を必要とします。

そこまでの時間と労力を割ける人にとっては、SNSの利用はメリットになりますが、出会いを急ぐ人にとってはデメリットとなります。

やはり、出会い系サイトやマッチングアプリは、はじめから会うことを目的としている人がほとんどである為話が早く、また、サービス自体が出会いに特化している為、お互いの条件などのマッチングがしやすいと言えますね。

出会い系サイトとマッチングアプリ

ただ、本当に出会える出会い系サイトやマッチングアプリは有料で運営されているので、男性側には少なからず料金がかかることになります。

このように、SNSツールを利用しての相手探しは、常にメリットとデメリットが共存していると言えます。まずは自分に合ったツール探しをすることが重要だと言えますね。

オフパコ確率が一番高いツールはどれなのか?

ハッシュタグが使えるSNS

では実際にオフパコに繋がりやすいSNSについて考えてみます。まず、SNSでセックスできる相手を探しやすいかどうか。これが重要なポイントです。

出会い系アプリでさえ、相手が希望する出会いがセックスではない場合があるというのに、本来出会いの場ではないSNSで会える対象はどのように探せばいいのでしょうか。

そこで有効なのが、ハッシュタグです。TwitterやInstagramは、投稿にハッシュタグをつけることができるため、投稿内容を確実に見てほしい対象にアピールすることが可能です。

つまり、「#オフパコ」などで検索をすれば確実にオフパコ可能な相手を見つけることができるということになります。

出会いアプリ以外のSNSも一般的なイメージよりもずっとオフパコ目的での利用者が多いということになりますね。

オンラインゲームはオフパコが盛んに行われている

オフパコが盛んに行われているツールには、SNS以外にもネットゲーム(ネトゲ)の世界が挙げられます。

そもそもは共通の趣味を通じて知り合った仲間どうしで、いつしかオフパコが行われるようになり、ネットゲームファンの中ではかなり一般的になっています。

主に、ボイスチャットや通話機能のあるゲームでのオフパコが主流で、人気のあるゲームとしては、「フォートナイト」「荒野行動」「スプラトゥーン」「コンパス」「PUBG」などが挙げられます。

ただ、基本的にゲーム好きの集まりということになるので、オフパコできる相手を見つけるには時間も労力も必要になると言えるでしょう。

オフパコ専用の掲示板

インターネット上には「オフパコ掲示板」と呼ばれるサイトが数多く存在しています。しかし、すべての掲示板が安全に利用できるとは限りません。

比較的安心して利用できる掲示板といえば、やはり出会い系サイトやアプリに設置されている「アダルト掲示板」が一般的です。

アダルト掲示板

出会い系であれば、利用前に年齢確認が行われている為、18歳未満との接触のリスクが格段に下がります。また、アダルト掲示板には大人の関係を希望する人のみが存在するため、無駄な時間を使うことなく相手探しが可能です。

※ここでアダルト掲示板のあるハッピーとかJメールの広告がはさまってるサイトがありました。

ID掲示板(LINE・カカオ・Facebook等)

LINEやカカオのIDを直接公開することのできる掲示板もネット上に存在しています。しかしこの手の掲示板は利用者すべてにIDを公開してしまうことになるため、非常に危険です。

気に入った相手がいる場合、すぐに相手の連絡先がわかり、直接アプローチをすることが可能ではありますが、逆に自分のIDが見知らぬ人や業者に悪用されることにもなりかねません。

やはり、オフパコ希望であったとしても、サイトやアプリにプロフィール登録ができ、ある程度親しくなるまではインターネット上のツールを利用してやり取りをすることをおすすめします。

オフパコ相手探しの注意点

ここまでで、いろんなSNSでのオフパコ相手探しについてみてきましたが、再度オフパコ相手探しをするにあたっての注意点をまとめてみましょう。

オフパコ注意点① 業者に注意

オフパコ注意点

Twitterなどでは、メインアカウントのほかに、裏垢と呼ばれるサブアカウントを設定してオフパコなどに利用している人が多く存在しています。

裏垢女子をみつけることは、オフパコへの近道であり、かなりオイシイ相手と言えますが、Twitterなどは簡単にアカウントが作れる為、相手が業者であることも珍しくはありません。

業者とやり取りをしてしまうと、詐欺まがいの運営をしている悪質な出会いアプリや、高額なアダルトサイトへ勧誘されてしまうので注意が必要です。

オフパコ注意点② 18歳未満に注意

18歳未満に注意

出会い系サイトやアプリ以外のSNSでは、基本的に年齢確認は行われておらず、匿名利用ができるため、相手の年齢がわからないことがほとんどです。

プロフィール登録をするアプリでは年齢の登録ができることがほとんどですが、特に設定していなくても利用が可能であったり、年齢を偽ることは容易にできてしまいます。

そのため、相手が年齢を偽っている場合、知らずに18歳未満と接触してしまう可能性があるので非常に危険です。また、美人局の被害に遭う可能性もあるので、やはり金銭面での被害も考えられますね。

オフパコ注意点③ 個人情報の流出に注意

どのようなツールを使うにしても、やはり本来の個人情報を安易に相手に伝えてしまうのは危険です。

実際に会うためには、お互いの住んでいる地域などをやり取りすることもある程度は必要ですが、ストーキングや身バレを避けるためにも、あまり詳細な情報のやりとりはおすすめできません。

できるだけ待ち合わせ場所は自分で指定し、解散後も後をつけられないよう、相手が駅に入る様子などを確認するように注意しておきましょう。

オフパコまとめ

いかがだったでしょうか。オフパコは身近なツールを使って、自分の目的に合った相手をうまくみつけることができれば、楽しいセックスライフに繋がります。

TwitterやInstagramなど無料のツールを使えば、当たり前ですが無料でオフパコできてしまうという大きなメリットもあります。

しかし、未成年者との接触や業者の流入などのリスクを考えれば、やはりアダルト掲示板を設置している出会い系サイトやアプリがオフパコへの安全で確実な最短距離だと言えるでしょう。

オフパコで出会った女②

SNSが頻繁に利用される今、オフパコの意味やメリット、デメリットをしっかり理解して、ネット社会で安全にセックスライフを楽しむ方法をみつけていきましょう。

ただし、サクラだらけの悪徳出会い系サイトやアプリに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト、アプリ選びは絶対に間違えないでくださいね。

リアルに素人女と出会えるのはこの3サイトだけだ。

10代娘から人妻・熟女まで、素人女が数多く登録しているのが、この3サイトだ。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから俺も毎日チェックしてるぞ。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知しており、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているから、セックス目的の女の流入がとても活発だ。

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトと言っていい。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみよう。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているから、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めるぞ。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べるので気軽に試してみよう。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがある。

積極的に様々な広告メディアへ進出しているからエロい女と出会える確率がとても高いんだ。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があるので、熟女や人妻ともLINE交換しやすい。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試せる。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女が毎日大量に登録している。ユーザーサポートも親切丁寧で圧倒的に信頼度が高い。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女とLINE交換できる事もめずらしくない。

ここも無料ポイントが1200円分もらえる。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも俺がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトだ。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄に金を消費するだけだ!サイト選びは絶対に間違えないで欲しい。